2017年05月20日

5月、ひろびろとした空の下で

IMG_20170505_113519.jpg
5月は遠出をせずずっと浜松で過ごしていますが、幸いお祭りに映画、小説を楽しむような時間もあったので、それなりに非日常を楽しませてもらっています。

明日のリポートも、浜松からです。小説の話題を。
4月からは「きてみんさい」の放送が午後0時20分からになりました。引き続き、よろしくお願いいたします
posted by miyakami at 07:37| Comment(0) | モブログ

2017年05月03日

浜松、4度目の春です。

DSC_2310.jpg
写真はひと月近く前の浜松城公園です。もう新緑の時期ですね。今日から3日間は、浜松祭りです。

引っ越したばかりの1年目の祭りは、「何だ、これ」と自宅窓から見物している間に終わりました。
初めはラッパ練習の音を野球の応援と勘違いしていました。
義母が遊びに来たのでよくわからないまま凧揚げ会場を案内し、たくさんの凧が揚がっていることを知りました。
2年目は、友だちの影響もあり「法被借りて参加してみようかな〜」と思ったのですが、子どもの体調不良で、また遠巻きの見物となりました。
3年目。法被を借り、参加のためのワッペンも縫いつけ、町内のバスで凧場を見に行ったり、屋台や練りにくっついて歩いたり…。初めて朝から晩まで祭りを見ました。
今年は、娘がお囃子に参加することになり、4月の1ヶ月は週4回の練習に通いました。
私も笛に誘われました。吹いてみたけれど、音がほとんど出ません。私は掛け声だけの参加かな。

夕べは前夜祭。家の周りも近くの町の練りが通り、ラッパや太鼓でかなりにぎやかでした。
この音を避けて実家に帰る友人もいます。
うちの子らにとってはワクワクする音のようですが。
そして今はまた静かな朝。この繰り返しの、3日間です
posted by miyakami at 06:19| Comment(1) | モブログ

2017年03月19日

「ゆうたんち」ではなく…

DSC_2021.jpg
先月、浜松市北区にある龍潭寺(りょうたんじ)に行きました。
参道は、手入れの行き届いた木々、コケのじゅうたんが美しい。人出はそれなりにあったけれど、静かないいところでした。
写真は、本堂裏手のお庭です(拝観料が必要)。

行きの車で、4歳の息子が「ねえ、どこ行くの」龍潭寺だよ。「ゆうたんち?」と何度も尋ねていました。誰かの家に行くと思っていたようです。
散策は退屈だったようですが、この辺りの名物、味噌まんじゅうは気に入った様子の子どもたちでした。

3月に、子ども2人が季節はずれのプール熱にかかり、合計12日間一緒に家にこもっていました。その間に私も体力が落ちた気がします。
また歩き回って、体力をつけたいところです
posted by miyakami at 19:58| Comment(2) | モブログ

2017年02月27日

重くないお別れ

DSC_1791.jpg
(写真:清水寺の本堂を、下から撮ってみた。支えの方が、大きいんだね。2017年の初詣に。)

週末、ドライブ途中に立ち寄った公園で、他の町から遊びに来た子が、うちの子を遊びに誘った。
鬼ごっこ、だるまさんが転んだ…しばらく遊ぶと昼時になった。
「じゃあ、バイバイ」「また遊ぼうね」
交わす言葉を聞きながら、「会えたら奇跡かもね」と私は心でつぶやく。

子どもたちの言葉は、うそでもなく、確実な約束でもなく、ただ「遊べて楽しかった」気持ちと、「また遊びたい」期待を込めた、別れのあいさつ。
その軽やかさが、何かうらやましかった
posted by miyakami at 00:37| Comment(1) | モブログ

2017年02月13日

智ちゃん、浜松に来る

DSC_1986.jpg
年末年始、中川アナと番組で(電話を通じて)一緒にしゃべったあと、「2月に浜松に行けるかも」と聞き、ずっと楽しみにしていました。
「ギョウザとウナギが食べたいなぁ」など、ゆるい打ち合わせを重ね、いよいよ来る日になって、年末しなかった掃除をしたり、3店のギョウザを買い集めたり、家族一丸となって準備しました。
夕方、「智ちゃんが来るのって明日の何時ごろ」と宮本アナ(今は大学の先生)から連絡あり。「今からだよ〜おいで〜」ってことになり、ご持参のスパークリングワインで、無事乾杯!となりました。
いろんな悩みごとも話し合ったけど、皆が健康だったのが何より…。子どもらそっちのけで、深夜まで語りあったのでした

写真:娘が公園で見つけた、ハート型の切り株
posted by miyakami at 06:31| Comment(2) | モブログ