2018年04月23日

上毛電鉄に初めて乗る

IMG_20180422_141114.jpg
「上毛」と「両毛」を間違えるなど、まだ頭が新生活についていけていません。
「行ってみるのが一番」ということで、上毛電鉄の大胡(おおご)車庫に向かいました。
日曜日昼の電話リポートが終わった後も、子どもと「行く」「行かない」でもめ、到着は、22日の春のイベント終了間際となりました。
電車の「顔」部分の色が、かわいいです。オレンジ、きみどり、ピンク、赤など。
列車は1時間に2本程度。自転車を押して改札を通る人々がいて、親子で「??」。
「サイクルトレイン」と書いてあり、2両編成の後ろの車両に積み込めるのでした。いつかやってみたいです。
ワンマンカーに乗っていると、和歌山電鉄貴志川線を思い出します。
単線ですが、この日臨時運行した茶色のデハ101とは、途中の駅ですれ違いました。
催しは締めくくりのビンゴ大会で盛り上がっていました。息子のめあてのパトカー&白バイは帰ってしまっていましたが、鉄道マンの制服で記念撮影させてもらい、かき氷や大福を買い、祭りっぽい気分だけ味わえました。
上毛のイベントなのに、子どもらがお土産に選んだのはなぜか上信電鉄のグッズ…こちらもいつか乗るのかな
posted by miyakami at 01:28| Comment(1) | モブログ
この記事へのコメント
変わった習慣(自転車を列車に積める)のある場なのですね。紀州の貴志川電鉄の2代目三毛猫も程よく活躍している様です。群馬県てだるまの産地?でしたっけ(笑)。
Posted by 芋族こうちゃん at 2018年04月23日 07:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。